引きこもりからの一発逆転計画

一発逆転を狙え!

引きこもりから逆転!アルバイト採用につながる履歴書の書き方

ランキング

  • 急いで脱出しよう

    いつまでもこのままじゃまずいなと思うなら、今すぐにでも脱出の一歩を踏み出しましょう。引きこもり期間が長くなればなるほど、抜け出すのも時間がかかります。

  • 体力を取り戻そう

    引きこもりから脱出して早く社会復帰をしたいと思うなら、まず最初にやるべきことは、体力を回復させることです。

  • コミュ障を克服できる職種

    引きこもりでコミュニケーションに自信がもてない、コミュ障を克服したいという人におすすめのアルバイト職種はこれ!

スペシャル

求人誌と求人サイトの違い 求人誌と求人サイトの違い

引きこもりからの逆転アルバイトを探すなら、情報が古い求人誌よりもネットのアルバイト求人サイトがおすすめです。

採用に繋がる履歴書とは

履歴書を書く時に自分が引きこもりだという事を正直に書くべきかどうか悩むところだと思います。結論としては引きこもりをしている事を書いたほうがいいと思います。採用側にこちらの事情を知ってもらっている方が何かと配慮をしてくれる可能性が高いので、働きはじめてから気が楽だと思います。また引きこもりをしていないという事にすると、その空白期間を嘘で埋める必要が出てきてしまいます。嘘を書いた履歴書を前にして、面接を受けるという重圧に、引きこもりから回復中の人は耐え難いと思います。
また引きこもりかどうかは別にしても、あまりコミュニケーションが得意な人でないという事は、面接で実際にあえば採用担当者に伝わってしまいます。どうせ分かってしまうなら、履歴書で軽く触れておいたほうが余計な心配が一つ減るので良いでしょう。ただし引きこもりの事を強調する必要もありません。大切なのは働き始めた後であり、過去は二の次だからです。

採用に繋がる履歴書とは

志望動機をどう書くか

志望動機は引きこもりかどうかにかかわらず、履歴書の中でとても大事な部分です。応募先の職場でアルバイトとして働く場合は、学歴や職歴はあまり重要視されないからです。それよりも採用担当者が知りたいのは、真面目に働いてくれる人かどうか、やる気があるかどうか、すぐに辞めるようなことがないかどうかです。つまり誠実な人柄で、仕事のやる気があるという事を志望動機でアピールする事が大切です。
またどうして、その職場を選んだかという理由も書いておくべきでしょう。例えば工場の軽作業のアルバイトに応募する時は、コツコツと一つの作業を集中してこなす事が好きであるという事などをさりげなく書いておきましょう。また引きこもり経験者として、仕事を通じて人間的に成長をしていきたいというような文面を書いておくと真剣に仕事に向き合おうとしているという熱意が伝わるでしょう。

文字と写真に力を入れましょう

PCを使って履歴書を作成する事もできますが、手書きのほうが熱意を伝えやすく、真剣さもアピールできると思います。引きこもりから回復途中である事をアピールするために、履歴書の文字をていねいに力強く書く事も大切だと思います。文字の印象は書き手の人柄を表しますので、しっかりとした文字を書けているだけで、引きこもりからの回復具合が見て取れると思います。また同様に履歴書に貼る写真も元気だという事をアピールするために、写真館などに行き、プロのカメラマンに撮影してもらいましょう。その際に髪型を清潔にしたり、服装を整えておくと更に良いでしょう。出来上がった写真を見て、元気だったころの自分の姿を思いだし、気合が入るかもしれません。