引きこもりからの一発逆転計画

一発逆転を狙え!

引きこもりから逆転するアルバイト探しには求人誌と求人サイト

ランキング

  • 急いで脱出しよう

    いつまでもこのままじゃまずいなと思うなら、今すぐにでも脱出の一歩を踏み出しましょう。引きこもり期間が長くなればなるほど、抜け出すのも時間がかかります。

  • 体力を取り戻そう

    引きこもりから脱出して早く社会復帰をしたいと思うなら、まず最初にやるべきことは、体力を回復させることです。

  • コミュ障を克服できる職種

    引きこもりでコミュニケーションに自信がもてない、コミュ障を克服したいという人におすすめのアルバイト職種はこれ!

スペシャル

求人誌と求人サイトの違い 求人誌と求人サイトの違い

引きこもりからの逆転アルバイトを探すなら、情報が古い求人誌よりもネットのアルバイト求人サイトがおすすめです。

求人誌と求人サイトの違い

このページでは、引きこもり人生からの逆転を目指す方向けに、アルバイトの探し方をご紹介します。大きく分けると2つに分類され、1つ目は「求人誌」、2つ目は「求人サイト」となります。それぞれのメリットデメリットを知って上手く使い分けましょう。

求人誌と求人サイトの違い

求人誌のメリットデメリット

アルバイトや仕事を探す方法として、アルバイト求人誌を購入して情報を得るという方法があります。求人誌はネット環境が整っていなくても求人情報を探せるというメリットがあります。また住んでいる地方ごとに求人情報誌が分かれているので、自分が通いやすい職場の求人情報に集中しているため、無駄な情報が少ないという事があります。また誌面のほうが頭に入りやすいとういメリットもあります。PC内に送られてきた資料などを一旦プリントアウトして頭に入れるという作業をした事がある人も多いと思いますが、やはり紙面のほうが落ち着いて読めて、情報を見逃しにくいでしょう。
デメリットとしては、求人情報が古くなってしまうという点が挙げられます。求人誌の情報を見て電話をかけて応募をしようとしたら、すでに応募が締め切られているという事があります。発売日から時間が経つにつれて、応募は締め切られていきますので、できるだけ発売日の当日に求人誌を購入することをおすすめします。また求人誌はどうしても誌面に限りがありますので、情報が少なくなりがちです。写真などを掲載するスペースも少なくなってしまいますので職場の雰囲気が分かりづらい事もあるかもしれません。

求人サイトのメリットとデメリット

最近は職場探しをする時にアルバイト求人サイトを利用する人が増えてきました。それは求人サイトを利用するのが手軽で無料だからだと思います。会員登録をするだけで、たくさんの求人情報を見る事ができます。また絞り込み検索機能を使いこなす事ができれば、無駄な求人情報を見る事なく、自分に必要な情報だけを集める事ができます。また求人サイトは、常に最新の求人案内が更新されていきますので、応募をしてみたら締め切られていたという事がありません。スペース的な限度もほぼありませんの、たくさんの写真や口コミ情報を掲載する事ができて、自分が働きたい雰囲気の職場を見つけ出す事が容易にできるでしょう。
デメリットとしては、検索機能を上手に使いこなせない場合などに自分が働きたい職種や勤務地の情報がなかなか手に入らず、無駄な情報を見る時間が多くなってしまうという点です。求人サイトに問題があるというよりも、利用者がいかに使いこなせるかという問題かもしれません。また求人サイトに求人情報を掲載する方が求人誌に掲載するよりも安価で済むという理由だけで利用している職場もあります。その中には稀にブラックバイト企業が紛れている事がありますので、求人がいつもあるような職場には応募しないなど利用者が注意をする必要があるでしょう。求人サイトは利用者の使い方次第でメリットもデメリットも起こりやすいといえるでしょう。