引きこもりからの一発逆転計画

一発逆転を狙え!

引きこもりからの逆転に役立つアルバイト選びのポイント

ランキング

  • 急いで脱出しよう

    いつまでもこのままじゃまずいなと思うなら、今すぐにでも脱出の一歩を踏み出しましょう。引きこもり期間が長くなればなるほど、抜け出すのも時間がかかります。

  • 体力を取り戻そう

    引きこもりから脱出して早く社会復帰をしたいと思うなら、まず最初にやるべきことは、体力を回復させることです。

  • コミュ障を克服できる職種

    引きこもりでコミュニケーションに自信がもてない、コミュ障を克服したいという人におすすめのアルバイト職種はこれ!

スペシャル

求人誌と求人サイトの違い 求人誌と求人サイトの違い

引きこもりからの逆転アルバイトを探すなら、情報が古い求人誌よりもネットのアルバイト求人サイトがおすすめです。

アルバイトを選ぶポイントとは

体力が戻って気力もわいてきたらアルバイトを探して引きこもりから脱出しましょう。ここでもまだ無理はしません。できるだけ楽に続けられるアルバイトを選ぶのがポイントです。引きこもりから逆転するためのアルバイト選びには、勤務時間や日数などのシフトと、仕事内容をしっかりチェックしてください。体力が回復したとはいえ、急にハードワークを選べばすぐにダウンしてしまいます。仕事内容もなるべく単純で少し体を動かせるものを選ぶと良いでしょう。

脱出にピッタリな働き方

脱出にピッタリな働き方

引きこもりから脱出をするためには最初の仕事の選び方が重要です。引きこもり生活で失ったコミュニケーション能力や規則的な生活を抜きにしてできる仕事を選びましょう。営業や接客の仕事は避けた方がいいでしょう。またいきなりフルタイムで働こうとせず、日雇いのアルバイトや短期のバイトから始めましょう。徐々に働く時間や期間を伸ばしていく事が大切です。時間がかかっても、いつか正社員として働く事ができるはずです。無理は禁物です。少しずつステップアップしていく事を心がける事が大切です。

続きを読む

リハビリに向いた業種

リハビリに向いた業種

引きこもりから復活するために、まずはリハビリ的な仕事をはじめましょう。引きこもり生活によりコミュニケーション能力は低くなっていますので、接客の仕事は避けるようにしましょう。またいきなり8時間働いたり、週に5日間働いたりするのも避けましょう。まずは短時間の仕事を、短期間だけするようにすると無理な重圧がかからないのではじめやすいでしょう。また体を動かす仕事をすると、ストレスが抜けて、気分が良くなりますのでおすすめです。

続きを読む

コミュ障を克服できる職種

コミュ障を克服できる職種

コミュ障を克服するためには職種を選んで段階を踏んで克服する事が大切です。まずは職場内で上司の指示を理解してミスなく仕事をできるようにします。つまり「聞く力」を鍛えます。次にデリバリーなどの、相手に挨拶以上のコミュニケーションを期待されない接客業をしてみましょう。知らない人に対面して声を発する発信力が鍛えられます。そしてテレフォンオペレーターなどをして「会話力」を身に付けましょう。少しずつ自分なりの言葉を話せるようになるように頑張りましょう。

続きを読む