引きこもりからの一発逆転計画

一発逆転を狙え!

引きこもりから逆転するアルバイト選びと職種とは

ランキング

  • 急いで脱出しよう

    いつまでもこのままじゃまずいなと思うなら、今すぐにでも脱出の一歩を踏み出しましょう。引きこもり期間が長くなればなるほど、抜け出すのも時間がかかります。

  • 体力を取り戻そう

    引きこもりから脱出して早く社会復帰をしたいと思うなら、まず最初にやるべきことは、体力を回復させることです。

  • コミュ障を克服できる職種

    引きこもりでコミュニケーションに自信がもてない、コミュ障を克服したいという人におすすめのアルバイト職種はこれ!

スペシャル

求人誌と求人サイトの違い 求人誌と求人サイトの違い

引きこもりからの逆転アルバイトを探すなら、情報が古い求人誌よりもネットのアルバイト求人サイトがおすすめです。

コミュ障を克服できる職種

引きこもりになりコミュ障になってしまっている人が、仕事を通じて障害を克服していくステップを紹介します。まずは職場の人たちとコミュニケーションをきちんととれるような職種を選んで働きましょう。

コミュ障を克服できる職種

職場内の人間関係で克服

工場の軽作業の仕事などの場合は上司からの「指示を理解する」事が求められます。指示を理解するためには、相手の話をよく聞く事ができないといけません。とにかく相手の話を理解できるようにじっくりと耳を傾ける事からコミュ障の克服はスタートします。相手の言葉に対する気の利いた返事や挨拶をする事は一度おいておきます。きちんと話を聞く事ができるようになれば、仕事での失敗が少なくなります。少なくとも真面目でミスの少ない人間だという評価を得る事ができます。うまくすると「聞き上手」という評価につながるでしょう。このような、指示を理解する事が仕事の成功とコミュ障の克服につながるものは「工場での軽作業」の他にも「新聞配達」「ポスティング」「清掃」などがあります。

軽めの接客で克服

上司の指示をきちんと聞いて理解できる「聞き上手」になったら軽い接客の仕事をしてみましょう。接客と聞くととても大変な気がしますが、職種によってはそれほど大変ではありません。
例えばピザのデリバリーの仕事の場合は、配達先をきちんと職場の人間から「聞いて理解する」という聞くコミュニケーションが大切で、配達先でする接客は、挨拶をして、ピザを渡してお金を受け取り、再び挨拶をして帰るだけです。お客としてはピザが時間通りに運ばれてくる事が大切で、配達員に挨拶以上のコミュニケーションを期待してきません。つまり先ほどの工場での軽作業に「挨拶」が加わっただけです。しかし大きな一歩です。ある程度大きな声を出してきちんと挨拶ができるようになる事はコミュ障にとってとても大切な事だからです。具体的な仕事としては「デリバリー」に加えて「本屋の仕事」「ネットカフェ」「レンタルビデオショップ」などが挙げられます。

顧客との会話を通じて克服

聞く力がついて、挨拶ができるようになったら、「会話力」を身に付けます。先ほどの挨拶はマニュアル通りで、声だけ出せていたらいいのですが、会話になると自分の頭で考えて話を続けていく必要が出てきます。こちらの仕事の場合でもあくまでも相手の話を聞く事が基本になります。話を聞いて理解をして、相手が求めている情報を探ります。そして自分なりの意見を言えるようになると、会話力が身に付いたと言えます。ただし相手に面と向かって話をするのはこの段階では難しいかもしれません。まずは電話を通じて話をし、会話力を鍛えていきましょう。この力を鍛える仕事として「テレフォンオペレ―ター」をおすすめします。