引きこもりからの一発逆転計画

一発逆転を狙え!

引きこもりからの逆転!アルバイト選びはこの業種がおすすめ

ランキング

  • 急いで脱出しよう

    いつまでもこのままじゃまずいなと思うなら、今すぐにでも脱出の一歩を踏み出しましょう。引きこもり期間が長くなればなるほど、抜け出すのも時間がかかります。

  • 体力を取り戻そう

    引きこもりから脱出して早く社会復帰をしたいと思うなら、まず最初にやるべきことは、体力を回復させることです。

  • コミュ障を克服できる職種

    引きこもりでコミュニケーションに自信がもてない、コミュ障を克服したいという人におすすめのアルバイト職種はこれ!

スペシャル

求人誌と求人サイトの違い 求人誌と求人サイトの違い

引きこもりからの逆転アルバイトを探すなら、情報が古い求人誌よりもネットのアルバイト求人サイトがおすすめです。

リハビリに向いた業種

引きこもりからリハビリ的に仕事を選ぶ時に、どんな仕事をするかは重要です。無理のない職種を選ぶようにしましょう。まず引きこもりが長引いてしまった人はコミュニケーション能力が落ちていて人と接するだけで疲れてしまいます。その点から考えても接客業は避けたほうがいいと思います。職場の人には自分の事情を分かってもらい、気を遣ってもらう事ができますが、飲食店などで接客をするお客さんはそうはいきません。高圧的な態度を取られたり、早口で注文をされたりすると、テンパってしまう可能性があります。リハビリのはずが、トラウマになってしまう可能性があります。なるべく不特定多数の人と触れ合うような接客の仕事は避けるようにしたほうがいいでしょう。

リハビリに向いた業種

勤務時間を調整する

アルバイトをする時もいきなり長時間働くは避けましょう。一日のうちで自分の調子が良い時間帯は人によって違うと思います。午前中が元気な人は午前中、午後が元気な人は午後と自分の調子の良い時間帯を選んで働くようにしましょう。勤務時間も最初のうちはできるだけ短い時間にしましょう。3時間から働ける職場ならまずは3時間から始めましょう。
またシフトも週に2日程度から始めたほうが良いでしょう。無理をしない事がとにかく大切です。また自分が仕事を休んでしまったら、周囲の人に迷惑がかかってしまうような、ギリギリのシフトを組んでいるような職場は避けるようにしましょう。「絶対に休めない」というのはストレスになるからです。仕事を続ける自信が持てない場合は日雇いや短期アルバイトから始めるのもいいでしょう。一日だけ、一週間だけ仕事をすればよいので重圧がかからずに済むでしょう。

体を動かす仕事がおすすめ

仕事を選ぶ時におすすめしたいのが、少しだけでもいいので体を動かす仕事を選ぶ事です。身体を動かし汗をかくと、体も心もすっきりします。血の巡りがよくなり、脳の働きもよくなります。研究の結果では運動をすると脳の機能が改善するという報告もあるほどです。なるべく人とのコミュニケーションを取らずに済み、なおかつ体を動かす仕事というのは結構あるものです。工場で行う軽作業などはいいかもしれません。宅配便の荷物の仕分けなどの仕事は、ほとんど人とコミュニケーションを取る必要がありませんが、体をたくさん動かす事ができます。
しかし身体を動かしたいからといって、引っ越しのアルバイトなどをしてしまうと、チームワークが必要でコミュニケーション能力が必要ですし、引っ越しの依頼主の家族ともコミュニケーションを取る必要が出てしまいます。事前にどのような仕事をするのかを具体的に調べて無理のない職種を選びましょう。