引きこもりからの一発逆転計画

一発逆転を狙え!

一発逆転!引きこもり脱出アルバイトはこの働き方がおすすめ

ランキング

  • 急いで脱出しよう

    いつまでもこのままじゃまずいなと思うなら、今すぐにでも脱出の一歩を踏み出しましょう。引きこもり期間が長くなればなるほど、抜け出すのも時間がかかります。

  • 体力を取り戻そう

    引きこもりから脱出して早く社会復帰をしたいと思うなら、まず最初にやるべきことは、体力を回復させることです。

  • コミュ障を克服できる職種

    引きこもりでコミュニケーションに自信がもてない、コミュ障を克服したいという人におすすめのアルバイト職種はこれ!

スペシャル

求人誌と求人サイトの違い 求人誌と求人サイトの違い

引きこもりからの逆転アルバイトを探すなら、情報が古い求人誌よりもネットのアルバイト求人サイトがおすすめです。

脱出にピッタリな働き方

引きこもりを続けた後、仕事をしようと思える段階まで回復が進んだとします。その場合にどのような仕事に就くのが良いのでしょうか。まず引きこもりをして失ってしまったスキルを確認してみましょう。「コミュニケーション能力」「規則的な生活をする能力」が失われている可能性が高いと思います。最初はこの弱点がありつつもこなせる仕事を探す事が大切になるでしょう。いきなり正社員として働こうとか、時給が高い仕事をしようとか考える必要はありません。自分ができる範囲で、無理のない仕事を始めてみる事が大切です。
仮に一日数時間の簡単なアルバイトであっても、引きこもりの生活と比べれば雲泥の差で進歩しているからです。そして少しずつステップアップしていくうちに、コミュニケーション能力も改善され、生活も規則的になっていくと思います。

脱出にピッタリな働き方

コミュニケーション能力が必要でない仕事を探す

コミュニケーション能力は、仕事をする上で重要な能力です。一緒に仕事をする同僚とのコミュニケーションと、取引先や顧客に対するコミュニケーションの二つの場面で必要になります。まずはどちらか一方のコミュニケーションをするだけで済むような職場を探しましょう。例えば工場などの軽作業の場合は、取引先や顧客とコミュニケーションをとる必要がありません。同僚とのコミュニケーションは必要ですが、軽作業などの場合はそれほど濃密なコミュニケーションは必要ではありあません。
逆に避けたいのが飲食店のアルバイトのような仕事です。職場のスタッフとも、お客さんともしっかりとしたコミュニケーションをとる必要があるため、負担が大きすぎると思います。ただし在宅ワークなどまったく人と触れ合う必要がない仕事をすると、引きこもり生活のままになってしまいます。外で仕事をする事は仕事を探す上での大前提にしましょう。

まずはアルバイトから始めてみる

不規則な生活を送ってきた引きこもりの人が、いきなり9時5時のフルタイムの仕事をする事は難しいと思います。そこでまずはアルバイトから始めてみる事をおすすめします。最初は日雇いの仕事もいいと思います。一日頑張るだけでいいのでハードルが低く、すぐにお金ももらえるので、達成感もあります。次に短期のアルバイトをして、徐々に働く事に慣れたら長期のアルバイトをしてみましょう。無理なくアルバイトができるようになったら派遣会社に登録をして、契約社員として働いてみましょう。この頃にはフルタイムで働く自信がついていると思いますので、契約社員を続けながら就活をしてみましょう。そして正社員として働く事ができるようになったら社会復帰の目標も達成される事になります。