引きこもりからの一発逆転計画

一発逆転を狙え!

引きこもりからの逆転!急いで脱出しよう

ランキング

  • 急いで脱出しよう

    いつまでもこのままじゃまずいなと思うなら、今すぐにでも脱出の一歩を踏み出しましょう。引きこもり期間が長くなればなるほど、抜け出すのも時間がかかります。

  • 体力を取り戻そう

    引きこもりから脱出して早く社会復帰をしたいと思うなら、まず最初にやるべきことは、体力を回復させることです。

  • コミュ障を克服できる職種

    引きこもりでコミュニケーションに自信がもてない、コミュ障を克服したいという人におすすめのアルバイト職種はこれ!

スペシャル

求人誌と求人サイトの違い 求人誌と求人サイトの違い

引きこもりからの逆転アルバイトを探すなら、情報が古い求人誌よりもネットのアルバイト求人サイトがおすすめです。

急いで脱出しよう

引きこもりになるきっかけは大した事ではなかったかもしれません。心が疲弊してしまったため、本当にいったん家に閉じこもり休息をとる必要があった可能性もあります。このような軽度のうつのような時は人と会わずに部屋で休養する事にも意味があったでしょう。しかしきちんと治療をしないで、ただ部屋の中にいるだけの状態でいるのは良くありません。引きこもりになり部屋の中だけで生活をしている間も、世の中は確実に動いています。社会から引きこもっている期間が長ければ長いほど、自分が知らない社会常識が出てきてしまい、適応するのが困難になる可能性があります。
また人とコミュニケーションをとる能力は赤ちゃんの頃から、幼児の時代、小学生、中学生と成長をする中で少しずつ身に着けてきたものです。生まれつきコミュニケーション能力が高い人はいないのです。引きこもりになってしまうと、せっかく身に着けたコミュニケーション能力がじわじわと失われていきます。ランニングが趣味な人が時間をかけて長い距離を走れるようになったとしても、しばらくランニングを休んだらまた長い距離を走る事ができなくなってしまうのと同じ事です。

急いで脱出しよう

自己否定が始まると外に出られなくなる

引きこもりをしている人は自分の事を好きではないと思います。自分の事を好きだと思い込ませようとしているとしても、それは意識の上でしか通用しない話です。無意識下では自分の事を嫌っている可能性が高いです。引きこもりが長くなると、徐々に自己否定の度合いが強まっていきます。自分はダメな人間だ、自分が社会に出て他の人と同じように振る舞うなんて無理だと思うようになります。こうなると本当に外に出るのが怖くなってしまいます。
しかし、引きこもりをしている状況がだめなだけで、だめな人間だという事ではありません。現在の陥っている状況と人間性は関係ありません。だめな人間はいません。しかしずっとひとりで誰とも会話をせずに暮らしていると、このような当たり前の事にも気が付けなくなります。そのうちに意固地になり、否定的な考えで頭の中がいっぱいになり、本当に外に出るのが難しくなってしまうかもしれません。

年月は残酷に流れている

引きこもりをしていると、見えているのは自分だけの世界だけなので、時間が止まっているような錯覚を覚えるかもしれません。しかし時間は進んでいます。年月は残酷なまでに流れを止めてくれません。引きこもりをしている人を養ってくれている両親や兄弟、心配してくれている親戚たちもいずれ年を取ってこの世からいなくなってしまいます。その時に慌てたとしても手遅れになる可能性が高いです。もしかしたら頭のどこかでその事について気が付いているかもしれません。鏡を見てみましょう。自分も間違いなく年をとっています。それでも今がいちばん若いのですから、今こそ外にでるベストのタイミングなのです。